涅槃図

高田本山所蔵 仏涅槃図 解説



釈尊の入滅を描く

お釈迦様は、三十五歳で悟りを開いてから四十五年間、インド各地を行脚して仏法を説き広められました。 そして八十歳になって、生れ故郷へ向かう途中で、純陀という人が布施として差し上げた茸に中毒して体調を崩し、 クシナガラの跋提河のほとり、沙羅双樹のもとで亡くなられました。 その模様は『涅槃経』という経典に記されていますが、それに基づいて描かれたのが仏涅槃図です。



大いなる死の造形

涅槃というのは、梵語のニルバーナを漢字にあてはめた語です。このニルバーナというのは、もとは「消滅する」という意味で、この場合、すべての煩悩が消滅して悟りを完成させた境地を指しています。 釈尊の死を「涅槃に入る」というのはそのためです。ある美術史家は、仏涅槃図を 「大いなる死の造形」 と言っています。 画面は中央に、宝台に横たわるお釈迦様を描きます。『涅槃経』に記すように「頭北面西右脇」で、涅槃の境地に入られた証拠に、全身が金色に輝いています。枕許に包みが置いてありますが、これは托鉢に廻るときに、施物を受けるための鉢を包んだものです。

四組の沙羅双樹

宝台をかこんで生えているのは沙羅の樹で、二株づつ計八本あります。 この樹は常緑樹なのですが、釈尊の死に際して突然白く変色したというので、この画でも向って右側三本は葉が白く変色しており、中央の二本も白くなりかけています。 「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」という『平家物語』の名文句は、この光景に依っています。 沙羅の樹の間から見える波は跋提河で、空には満月が輝いています。 釈尊入滅は二月十五日でしたから満月なのです。

駆けつけようとする摩耶夫人

画面右上部に、雲に乗ってこの場へ向かっている一団があります。 中央が摩耶夫人で、四人の天女が付き添っています。 摩耶夫人は釈尊の生母で、釈尊を出産して七日後に亡くなり、