刊行物のご紹介

真宗高田派本山 専修寺 写真集

高田本山の歩みがわかるパンフレットが新しくできました。

1頁 法主殿のご挨拶
2~3頁 高田派教団法系
4~17頁 13棟の重要文化財と安楽庵
18~21頁 一光三尊佛御開扉と報恩講の記録
22~31頁 高田本山の宝物

販売価格は、1冊700円です。

真宗高田派声明

①三重念佛和讃廻向
 初重念佛
  引讃(浄土和讃 初首)
   弥陀成佛のこのかたは
  連讃  有量の…
 二重念佛
  引讃
   解脱の光輪…
  連讃  一切の…
 三重念佛
  引讃  清浄光明…
  三重寄句  見佛…
  三重寄句念佛
 三重廻向
 
②三重寄句
 ・我亦…  ・若我…  ・彼佛…
 ・極重…  ・衆生…
 
③二重念佛和讃廻向
 初重念佛
  引讃(浄土高僧和讃天親讃 初首)
   釈迦の教法おほけれど
  連讃  唯佛…
 二重念佛
  引讃
   本願力に…
  二重寄句  衆生…
  二重寄句念佛
 二重廻向
 
④三重念佛一首和讃廻向
  引讃(浄土高僧和讃天親讃 三首目)
   本願力にあいぬれば
  廻向文

販売価格は400円です。

『仏事のQ&A高田のあれこれ』

真宗高田派教学院第3部会編集 ・ 高田派宗務院発行『仏事のQ&A高田のあれこれ』 が発行されました。

年4回発行しております、『高田本山だより』に連載中の「仏事のQ&A」を、1冊の冊子にまとめました。
高田派の仏事に関する身近な問題を次の8つのテーマに分けて解りやすく解説いたしました。

1,「お仏壇について」
2,「教義・法義について」
3,「勤行作法について」
4,「法会について」
5,「葬儀について」
6,「お墓について」
7,「寺院護持運営について」
8,「高田本山について」

販売価格は、1冊700円です。

在家勤行CD

御同行向けに製作された、お仏壇でのお勤めCDです。
高田派で頻繁に用いられる代表的な勤行を中心に編集されており、練習用としても最適です。

内容
〇朝のおつとめ
 歎佛偈・正信偈・和讃 短念佛、回向文・御書
〇夕のおつとめ
 重誓偈・文類偈・正信偈・和讃 短念佛、回向文・御書

販売価格は、1枚3,000円です。

こちらで試聴できます

真宗高田派 勤行集

1、重誓偈
2、正信偈
3、文類偈
4、和讃
  不退の位すみやかに
  釈迦の教法おおけれど
  斉朝の曇鸞和尚は
  信は願より生ずれば
  報の浄土の往生は
  天神地祗はことごとく
  聖道門の人はみな
  浄土真宗に帰すれども
5、念佛
6、廻向文
7、引声念佛
8、改悔文
9、御書
10、真宗宗歌
11、恩徳讃
12、三つのちかい
をまとめた、コンパクトな勤行集です。

全76ページ
サイズはA6横です
平成20年7月 発行
価格は、一冊200円です。

お仏壇のお荘厳

ご家庭のお仏壇のお給仕について、事例ごとにカラーの写真でわかりやすく解説しております。
【内容】(カラー、16頁)
 わたくしたちの宗教
 親鸞聖人と専修寺
 お仏壇(お内仏)について
 お仏壇の設置場所
 ご本尊
 具足
 平素のお荘厳
 報恩講のお荘厳
 年忌(法事)のお荘厳
 お給仕の仕方
 在家勤行について
 通夜・葬儀~中陰中のお荘厳
 帰敬式(おかみそり)
 法名と戒名

全16ページ
サイズはA4縦です
平成23年9月 発行
価格は、一冊200円です。

真宗高田派 勤行集

文字が大きく、読みやすい勤行集です。
1、重誓偈
2、正信偈
3、文類偈
4、和讃
5、短念佛
6、廻向文
7、改悔文
8、引声念佛
9、御書
10、讃歌
11、三重念佛一首和讃
12、付録
を収録しています。

全146ページ
サイズはA6縦です
昭和56年1月 初版発行
平成21年9月 十版発行
価格は、一冊500円です。

DVD 特別声明公演真宗高田派 ~親鸞聖人讃嘆のつどい~ 報恩講式

平成21年4月2日に開催された東京国立劇場での声明公演をDVDにしました。

入場・引声念仏・三礼・如来唄・登盤・表白・式文 初段・短念仏・ 式文伽陀・迎接礼・式文 二段・短念仏・式文伽陀・迎接礼・式文 三段・ 降盤・短念仏・式文伽陀・迎接礼・廻向唄・引声念仏・退堂

それぞれがチャプターで区切られているので、見たいところから見ることができます。

販売価格は、7,000円です。

特別声明公演真宗高田派 ~親鸞聖人讃嘆のつどい~ 報恩講式 報告ページはこちら

CD 特別声明公演真宗高田派 ~親鸞聖人讃嘆のつどい~ 報恩講式

平成21年4月2日に開催された東京国立劇場での声明公演をCD(2枚組)にしました。

入場・引声念仏・三礼・如来唄・登盤・表白・式文 初段・短念仏・ 式文伽陀・迎接礼・式文 二段・短念仏・式文伽陀・迎接礼・式文 三段・ 降盤・短念仏・式文伽陀・迎接礼・廻向唄・引声念仏・退堂

それぞれがトラックで区切られているので、聞きたいところから聞くことができます。

販売価格は、5,000円です。

ひとくち法話

本山にお参りの方々から、いろいろなご質問をいただきます。その質問・疑問を解りやすくまとめ、お参りの皆さんにお届けすれば、ご参拝の糧にもなるだろうとできたのが、「ひとくち法話」です。毎月発行しておりましたが、100号に達しましたので、小冊子にまとめました。
文章は平易で、長さも短く、それこそ「ひとくち法話」です。

1,にんげん(No1~No9)
2,お釈迦様のご生涯(No70~No83)
3,七高僧(No28~No34)
4,聖徳太子(No84~No92)
5,親鸞聖人のご生涯(No45~No69)
6,真宗の教え(No16~No27)
7,三尊仏(No10~No15)
8,高田派シリーズ(No35~No44)
9,諸法会(No93~No102)

「ひとくち法話」にて内容を公開中

全205ページ
サイズはB6縦です
平成18年5月 第1刷発行
平成19年6月 第2刷発行
販売価格は、1冊600円です。

ひとくち法話2

15年続きました「ひとくち法話」も174号をもって最終号となりましたので、開山聖人750回遠忌報恩大法会(平成24年4月)を記念として「ひとくち法話2」を発行いたしました。
生活の中に活きる言葉として、わかりやすく、どなたにでも手にとって読んでいただけます。

1,四苦八苦(No103~No110)
2,こころ(No111~No122)
3,真宗のことば(No123~No137)
4,迷信(No138~No141)
5,感動(No142~No147)
6,おまいりの心(No148~No152)
7,聖人のおことば(No153~No174)

「ひとくち法話」にて内容を公開中

全145ページ
サイズはB6縦です
平成24年7月 第1刷発行
販売価格は、1冊600円です。

高田本山の法義と歴史

如来堂昭和大修理落成慶讃大法会記念として発刊された高田派の法義と歴史を詳しく綴った貴書。
専修寺が最大の誇りとする宗祖親鸞聖人の御真蹟類を始め、重要な宝物や重要文化財に指定されている伽藍等が写真と共に余す所なく掲載。
また、法義の部・歴史の部に分け、多数の解説者が詳しく論述。
高田史のみならず、真宗史を学ぶ上で重要な史料となることでしょう。
高田派略年表にて内容を一部公開中。

全219ページ
サイズはA4縦です
平成3年5月 初版発行
平成15年12月 改訂発行
価格は、一冊15,000円です。

高田本山参拝記念 一筆箋

本山絵所頭の安川先生による"天人図"謹画を表紙とした一筆箋です。

紙本着色 一面
サイズは16.0×46.0cmです
販売価格は、1部400円です。



ご縁ご縁みなご縁

「法事に法話をしましょう」という趣旨で製作された法話集です。
通夜の法話・葬儀後の法話・中陰の法話・諸法会での法話などに項目を分けて掲載。

販売価格は、1冊800円です。



聞遇

仏教文化講座に参加する人数には限りがあり、聴聞の機会を与えられることなく過ぎていく人々も少なくありません。
そこで第六十六回(平成4年8月1日~5日)の内容を、ここに冊子にまとめ、聴聞不可能でありました方々にも、法嗣殿はじめ各講師の御高説に接していただこうと考えて製作された一冊です。

8月1日
 堯猷聖人滞独の足跡を尋ねて…高田本山専修寺法嗣殿
8月2日
 親鸞の浄土観…京都大学名誉教授 梶山雄一
8月3日
 真宗の歴史に学ぶ…龍谷大学元学長 千葉乗隆
8月4日
 生死いずべき道―知識と智慧―…大谷大学教授 臼井元成
8月5日
 聖人の七祖観―「正信偈」「文類偈」「浄土高僧和讃」を
 中心として―…高田短期大学教授 小妻道生

全81ページ
サイズはA5縦です
平成5年3月 発行
販売価格は、1冊1、000円です。

顕彰堯朝上人

高田派第十五世堯朝上人の御殉難は当時の直接史料が幕府への遠慮から抹殺され、口伝でのみ伝承されてきました。
それをお裏方様が精巧な御研究によってその真相を究明せられ、『高田学報』第八十二輯に発表されたものを上人三百五十年忌を迎えるに当たり復刻いたしました。

1、序…法主 常磐井鸞猷
2、堯朝上人関係図録
3、堯朝上人略年譜
3、堯朝上人略系譜
4、堯朝上人の殉難…常磐井和子
5、あとがき…宗教総長 安藤光淵

全43ページ
サイズはA5縦です
平成8年9月 発行
販売価格は、1冊1、000円です。

圓猷上人・圓超上人遺芳

高田派第十七世圓猷上人は嗣子圓超上人に先立たれたお嘆きを「安心書(安心章)」と名付けて門末に下付されました。
圓猷・圓超 両上人を偲ぶ小冊子を、圓猷上人二百五十年忌を迎えるに当たり記念品として作成しました。

1、序…真宗高田派法主 常磐井鸞猷
2、序…真宗高田派宗務総長 生柳光壽
3、遺影・遺墨
4、安心書
5、御書集成
6、文藻
7、伝記・系図・年譜
8、あとがき…真宗高田派教学院長 松山智光

全81ページ
サイズはA5縦です
平成15年3月発行
販売価格は、1冊1、500円です。

高田本山専修寺のみ教え

刊行の辞   真宗高田派法嗣(現法主)常磐井鸞猷
 高田山専修寺の歴史と信仰をマンガ絵本にして、広く皆さんに親しんでいただきたいと、かねてから念願していました。
 本年、1989年に本寺御影堂の大修理落成慶讃法会が営まれるのをよい機縁として、仏教絵本の制作に豊かな経験を持つ青山書院に依頼して、この念願を達成することができますことは望外の喜びであります。
 世はすでに、ビデオやパソコンゲームの時代に移りつつありますが、こうした映像文化は、ともすると精神性を喪い、こどもたちの大切な想像力の成育を阻害する恐れさえあります。親と子が共に読む絵本のすばらしさ、更めて見直すべきでしょう。
 この絵本が、教えを中心とするものになったのは、こうしたものが、これまで作られるべくして作られなかったとの、青山書院の強い勧めによるものであります。
 この絵本が、親鸞聖人のひたすらな他力の大道に、子も親も共に、導き入られる機縁となりますよう、願って止まない次第です。

全48ページ
サイズはB5縦です
平成元年 発行

祖師親鸞讃嘆 報恩講式と嘆徳文 常磐井慈裕著


本文編
 『報恩講式』を読む
  一 『報恩講式』と報恩講
  二 本文講読
    表白
    初段「真宗興行の徳」
    二段「本願相応の徳」
    三段「滅後利益の徳」
 『嘆徳文』を読む
  一 『嘆徳文』と報恩講
  二 本文講読
論考編
 『報恩講式』と『嘆徳文』をめぐる諸問題
  一 覚如・存覚父子の生涯と事績
    (一)覚如
    (二)存覚
  二 親鸞聖人の史料的価値
    (一)覚如の『親鸞伝絵』
    (二)『報恩講式』
    (三)『嘆徳文』
  三 存覚と『正明伝』
    (一)『正明伝』再評価の動向
    (二)『正明伝』の史料的価値

 
全256ページ
サイズはA5縦です
平成24年3月 発行
価格は、一冊2,500円です。

お求めのお問い合せ先:真宗高田派専修寺 進納所
〒514-0114 三重県津市一身田町2819番地 電話059-236-5701