施設のご紹介

御影堂 如来堂 山門 唐門 太鼓門 御廟 御廟拝堂・御廟唐門及び透塀 通天橋 鐘楼 賜春館 御対面所 大玄関 安楽庵 宝物館 宗務院 進納所・茶所 納骨堂 高田会館 高田会館ホール 休憩所
花と紅葉の見頃
6月下旬から8月上旬 4月初旬
4月中旬から5月中旬 牡丹 4月から5月
紅葉 11月 上旬から12月上旬
参拝時間
山門開門時間 5:00 山門閉門時間 17:30
両御堂開堂時間 6:00 両御堂閉堂時間 15:30
国宝御影堂
国宝御影堂
国宝御影堂
撮影:星野佑佳
  • 御影堂
  • みえいどう
  • 国宝
宗祖親鸞聖人の木像を中央須弥壇上に安置し、歴代上人の画像を両脇壇および両余間に敬置するお堂となっております。
畳七百二十五枚が敷かれており、全国の現存木造建築の中でも五番目の巨大な堂です。
> トップに戻る
国宝如来堂
国宝如来堂
国宝如来堂
撮影:星野佑佳
  • 如来堂
  • にょらいどう
  • 国宝
御影堂の西に配置され、御影堂とならんで南面するお堂です。
「証拠の如来」と呼ばれる阿弥陀如来立像を本尊とし、教義上この堂が伽藍の本堂となります。
> トップに戻る
山門
撮影:星野佑佳
  • 山門
  • さんもん
  • 国指定重要文化財
御影堂の正面にあって、専修寺伽藍の総門。五間三戸二階二重門の形式になっています。これは山門として最高の格式です。
瓦に宝永元年(1704)の銘があり、これが建築年時とされています。
> トップに戻る
唐門
  • 唐門
  • からもん
  • 国指定重要文化財
如来堂正面にある四脚門。すべて良質の欅を用い、しかも装飾で空間を埋め尽くしたような豪華な建築。
天保15年(1844)に上棟しています。棟梁高木光規は如来堂を建てた但馬の孫。
> トップに戻る
太鼓門
撮影:星野佑佳
  • 太鼓門
  • たいこもん
  • 国指定重要文化財
内部に大きな太鼓が吊り下げられている門です。
一身田町の人々に、時をつげています。
> トップに戻る
御廟
  • 御廟
  • ごびょう
瀟洒でしかも華麗な唐門と透塀に囲まれた静寂の空間。唐門の後ろに拝堂が建ち、更にその正面、石橋の向こうに、裾を石積としたこんもりした廟、ここが、親鸞聖人のお墓です。
寛文12年(1672)に造営されたそうです。
> トップに戻る
御廟拝堂・御廟唐門及び透塀
  • 御廟拝堂・御廟唐門及び透塀
  • ごびょうはいどう・ごびょうからもん・すきべい
  • 国指定重要文化財
如来堂の西側、小さな石橋を渡って堀の間を抜けたところが、真宗の開祖親鸞聖人の御廟です。南から唐門、拝堂、石橋と続きその奥に親鸞聖人の墓とそれをとり囲むように専修寺歴代住職のお墓があります。
> トップに戻る
通天橋
撮影:星野佑佳
  • 通天橋
  • つうてんきょう
  • 国指定重要文化財
御影堂と如来堂を結ぶ廊下で、両御堂の縁側にかかっているため高床とし、板張りで、柱間はすべて吹抜けになっています。
> トップに戻る
鐘楼
  • 鐘楼
  • しょうろう
  • 国指定重要文化財
梵鐘「慶安5年鋳造」(1652)御堂での勤行前に撞かれます。
> トップに戻る
賜春館
  • 賜春館
  • ししゅんかん
  • 国指定重要文化財
明治11年(1878)に貴賓接待用として新築された書院です。
明治天皇行幸の行在所として使用されたことがあり、それを祝って「賜春館」と命名されました。
> トップに戻る
御対面所
  • 御対面所
  • おたいめんしょ
  • 国指定重要文化財
5室ずつ3列の座敷からなる建物で、周囲に廊下をつけています。
大正初年まで法主が座を設けて、ここから門信徒に対面していました。
> トップに戻る
大玄関
撮影:星野佑佳
  • 大玄関
  • おおげんかん
  • 国指定重要文化財
大玄関は境内地の中心やや東に位置し、御影堂の北東、対面所の南西に立ちます。
> トップに戻る
安楽庵
  • 安楽庵
  • あんらくあん
  • 三重県史跡名勝
如来堂と御影堂の背後にある庭園に、ひっそりたたずむお茶席です。庭園は「雲幽園」といい、ほとんど石組みを作らず、自然の美をそのままに生かし、蓮池を主体としています。独特な構造で格式が高く、茶席は江戸時代初期の名席と言われています。
> トップに戻る
宝物館
  • 宝物館
  • ほうもつかん
専修寺が誇る親鸞聖人真蹟の数々を収蔵する宝庫。昭和36年の宗祖700回大遠忌法要を記念して建造されました。 展観室と収蔵室の二棟があり、とくに収蔵室は厳重な防湿構造です。
> トップに戻る
宗務院
  • 宗務院
  • しゅうむいん
高田派の事務を行う中心施設です。広いロビーも備えられているので、気軽にお入り下さい。
高田派全体と本山専修寺の事務をおこなっており、2階の諸会議室では、各種の研修会も実施されております。
> トップに戻る
進納所・茶所
  • 進納所・茶所
  • しんのうしょ・ちゃじょ
  • 国指定重要文化財
院號・法名を下げて頂く場所で、高田本山へ参詣される方々が御懇志を納めて頂くところです。
又、団体参詣の受付も行っております。
建物は茶所として重要文化財に指定されています。
> トップに戻る
納骨堂
  • 納骨堂
  • のうこつどう
ご先祖を通してほとけ様に出遇うところです。いま生かされていることを感謝し、ほとけ様に手を合わせましょう。
> トップに戻る
高田会館
  • 高田会館
  • たかだかいかん
宿泊、宴会、イベントホール、仕出しなどの総合施設です。
旧高田青少年会館に補強工事等を施し、平成25年9月より高田会館としてリニューアルオープンしました。
耐震基準に適合した施設としてより快適な場を御提供いたします。
> 高田会館のWebページへ
> トップに戻る
高田会館ホール
  • 高田会館ホール
  • たかだかいかんほーる
国内外で活躍する建築家の内藤恒方さんが手掛け、竹中工務店が施工しました。
ホールには蓮の花をイメージしたシャンデリアや、現代的な障子のホールを取り入れました。
> トップに戻る
休憩所
  • 休憩所
  • きゅうけいじょ
「ユニバーサルデザインのまちづくり」三重県整備基準に適合した施設です。
男性用、女性用トイレに併せてどなたでも使えるように配慮された個室のトイレを備えています。
どうぞご利用下さい。
> トップに戻る
上記諸堂の見学は自由にご覧いただけますが、宝物館と雲幽園(安楽庵)は事前の申し込みが必要です。
お申し込みは、総合案内所までご連絡ください。